• 光建彩

まずは触ってみよう!外壁塗装を業者に依頼する、タイミング、きっかけとは?

晴天の週末!皆様は桜をご覧になれたでしょうか?? 私も、綺麗な青空の下で満開の桜を見ることができました!

光建彩でも、「お花見したいね。」と毎年、私が代表につぶやきながら…

いまだに開催されていません。 なぜなら、全員花粉症なもので。 来年こそは、室内から桜を見て、みんなでのんびりした日を過ごしてみたい!




さて本日は、「住まいの外壁の状態は気になるけど、業者に連絡するタイミング、きっかけがなかなかわからない!」とよせられる、お客様の声におこたえしたいと思います。


お客様が、弊社にご連絡いただくタイミング、きっかけの多くは


・弊社ではない塗装業者さんの訪問を受け、欠陥を指摘されて気にし始めた ・壁のヒビ割れ(クラックといいます)など、可視できる問題点を見つけた ・家族、知り合いが塗装したので考え始めた

・漏水が起きた


などでございます。


外壁塗装のリフォームサイクルをきちんと把握されている、すばらしいお客様も、もちろんいらっしゃいますが、

タイミング、きっかけをつかむのは、なかなか難しいですよね? 私も外壁塗装のリフォームサイクルをしっかり学んだのは、正直、光建彩に入社してからです。


とはいえ、お客様が、お住まいの外壁塗装の状態を、事前に積極的にご理解いただけたら、大切な財産をしっかり守ることができます。

ホームページにも、業者に連絡するタイミング、きっかけのチェックリストを載せてあるのでぜひご覧ください! ページはこちら (URL) https://www.tosoh-hks.com/reform-step1 この中で特に、お客様でも簡単にご判断しやすいオススメの方法を1つご紹介したいと思います。


それは


■手で触ると、塗料の色や白い粉などがつく


こちらが、どういう状態なのか、実際の写真でご覧ください。



ちなみに、こちらを「チョーキング現象」といいます。 チョーキング現象は撥水性の限界を示すサインです。 (※外壁仕上げ素材によっては、チョーキング現象が起きない場合もあります)


こちらのチェック方法なら、スキマ時間にできますね!! さらに!!

チョーキング現象が起きやすい方角がありますので、あわせてお伝えします。 それは、南・西面にある外壁です。

太陽の紫外線による外壁劣化が影響しているので、日当たりのいい方角にある外壁を触ってみてください。 バルコニーの、ひさしなどがなければ、上階の方が長く陽が当たっていると考えられますので、上階をといいたいところなのですが、

落下の恐れなど色々危険もともなうので、まずは無理のない範囲で、安全を十分確保した状態でお願いしますね。


ここまでの大事なポイントは

1)外壁を触るだけのお手軽なチェック方法 2)スキマ時間でできる

3)西・南面の日当たり良好な外壁面を触る


見た目はまだまだ綺麗~と思っていても、触ると、塗料、粉がついた!ということは、よくあります。 なので、ぜひ触ってチェックしてみてください。 もしチョーキング現象に気づいたお客様は、

ぜひ一度弊社の現況診断へ、お気軽にお問い合わせください。 プロの視点で、また普段の可視範囲をこえて、隅々まで確認いたします。

もちろん、無料でお受けいたします。

また、無理な契約をせまることもございませんので、ご安心ください。

ありのままのお住まいの状態を「現況診断書」にてご報告します!


光建彩、無料現況診断のお申し込み先は、

弊社ホームページお問い合わせ https://www.tosoh-hks.com/contact

電話番号0467-53-8365

FAX番号0467-53-8369

メールアドレス hikari-reform@tosoh-hks.com


お客様がアクセスしやすい方法でご連絡ください。


特に、壁のヒビ割れ(クラック)は漏水の原因にとてもなりやすいです。 漏水を起こしてしまってからでは、大規模修繕になる可能性もあります。

お住まいからのちょっとしたサインを見逃さず、早めの対策・手入れが大切です。


お気軽にご相談ください。

32回の閲覧